交通事故・労災 ご相談 /ご予約・症状のご相談は各店へ 詳しくはクリック

【堺東店】あなたは自分のベスト体重を知っていますか?


ベスト体重を簡単にいうと、自分が一番健康的に生活することのできる理想の体重。


普通一般的には・・・


身長(m)×身長(m)×22=


これが適正体重だといわれています。


例えば身長が168cmの方なら


1.68×1.68×22=62kgが適正体重だということになりますが、この数字はあくまでも目安で、男女差、年齢や持って生まれた体格や骨格、脂肪や筋肉の量などで変わってくるものです。


では、体脂肪率はどうでしょう?


□女性なら・・・(18~39歳の平均体脂肪率)


 低い  ~20%


 標準- 21~27%


 標準+ 28~34%


 軽肥満 35~39%


 肥満   40%~


女性は体脂肪率35%超えると肥満の入り口です。


■男性なら・・・(18~39歳の平均体脂肪率)


 低い  ~10%


 標準- 11~16%


 標準+ 17~21%


 軽肥満 22~26%


 肥満   27%~


男性は体脂肪率25%を超えると肥満の入り口です。


※40~50歳の体脂肪率は女性、男性とも上記の数字に+1%づつ増やす。


数値を見てもわかるように、女性は妊娠と出産という大切な役割を持っているため、男性とくらべて脂肪を蓄えやすくつく脂肪の種類や場所が男性とは異なります。


それには大切な理由があり、お腹の赤ちゃんを守り、大切な臓器を保護するため、骨盤まわりの皮下脂肪をクッションのように厚くするためです。


もうひとつ、標準的な女性の体脂肪率は25%前後ですが、体脂肪率が20%を切ると生理不順になる人が増え始め、18%以下ではその確率が非常に高くなります。


これは、極端に体脂肪率が減少すると、からだが生殖に適した栄養環境ではないと判断して生殖機能を止めてしまうからです。


過度の体脂肪率の減少は厳禁です!!


怖いことに若くして更年期の症状が出ることもあり、お肌はハリがなくなり乾燥してボロボロ、髪質もツヤやコシがなくなります。


ただ痩せるのではなく、自分に合ったベスト体重、体脂肪率を目指しましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です